自己啓発について


自己啓発とはWikipediaより

自己をより高い段階へ上昇させようとすることである。「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。

主要なテーマ

・生きがい・決断力・行動力・スピード・思考法・集中力・情報収集・成功哲学・積極的態度・セルフコントロール・人間関係・人間的魅力・不動心・問題解決・リーダーシップ

Wikipediaに記載されています。

 

自己啓発の多くは「本を読む」「講演会やセミナーに参加する」「セミナーの音源を聞く」「コーチング、カウンセリングを受ける」「様々な職種の経営者の話を聞く」などがありますが、実際ご自身で試していかがでしょうか??効果は表れましたか??

 

自己啓発をしたい方の多くは「お金持ちになって裕福な生活をおくりたい」「人間的に成長したい」「夢を叶えたい」「スキルアップ」など人によって様々ですが、自分に合った自己啓発の方法を見出す事ができず、自己啓発の方法と自身の現在の状態との乖離の中で堂々巡りを繰り返しているのではないでしょうか??

本を読んだり、講演会やセミナーに参加するといろんな事に気付き、重要な箇所はメモをして忘れないようにしますが、そこに書かれている事は実際にやってみましたか??

続けられていますか??効果は??結果は??

 

お時間のある方は下記の5つに はい : いいえ でお答えしてみて下さい。

生き苦しさは感じていませんか??  はい : いいえ

何かに制限されていませんか??  はい : いいえ

やらなければならないと思っていませんか??  はい : いいえ

何かを我慢したりしていませんか??  はい : いいえ

枷をはめられているように感じませんか??  はい : いいえ

 

2つ以上 「はい」 と答えた方は今現在「心から楽しい」って思えていないのではないでしょうか。

そして自己啓発について勉強をされている方々です。

本を読み、講演会やセミナーに参加し知識があります。

知識は宝です。その知識を使い多くの方を幸せに導く事ができますからより多くの知識を得る事をお勧めします。

しかし問題は、その知識を使い多くの方を幸せにしたいと願う方に限ります。

そうでない方は、自分自身に合った本物の自己啓発の方法に出会っていないのではないでしょうか。

本を読んだり、講演会やセミナーに参加することは悪い事ではありません。しかし、現代は過多の情報が拡散しすぎで「ビジネスの本=お金儲け本がありすぎてどれが本物の本か分かりづらく、講演会やセミナーに参加してもビジネスありきのところが多く、本当の事は曖昧で講師の私的見解や経験を論じたり、はたまた宗教まがいの事をしているセミナーなどもありますから、何が本物なのか益々分かりづらくなってしまいます。

 

 「本物とは」→あなた自身に合った自己啓発の方法 です。

 

現在世の中に出回っています自己啓発の方法は、例にしますと 真っ暗な場所で1点の光に向かって階段を1段1段上って行く方法が多いのではないでしょうか。1点集中型でとても効率が良く最短距離で目標や夢に到達する事ができるでしょう。しかしこの方法では、周りが見えなくなってしまうのではないでしょうか。

私たちは1人で生きているわけではございません。家族、友人、知人が共に生きています。そしてみんなで支えあって生きています。生きていれば様々な出来事が起こります、それにより思考も変化し判断も変化します。その様な現実の中で1点だけを見つめて生きていく事はとても難しく、辛く、ストレスが溜まりイライラします。

ですががんばると思います。

何故なら その方法しか無いからです。

1点集中型の特徴として、時間の経過により少しずつ1点の光が薄れやがて消えていくという特徴があります。「あきらめる」「絶望感」「焦燥感」「脱力感」などあまりよい感情とは思えない感情を同時に味わい、暗闇の中を彷徨い1点の光を見つける為にまた本を読んだり、講演会やセミナーに参加します。これの繰り返しの方が多く所謂、「堂々巡り」です。

さらに出費も多くなります。本来自己啓発の方法を見つける為に使用するお金ではないのではと思います。ビジネスで成功したい方は投資を、スキルの向上を計る方は専門書やその道の成功者の話を聞く為の費用などではないでしょうか。無駄な費用を投資して自身に迷いが生じ本来の目的が見えなくなってしまう恐れもあります。

 

当サロンで行っております自己啓発では、今まであなたが勉強した自己啓発を可能な限り生かせられればと考えておりますが、無駄な知識で思考を洗脳されている可能性が高いので、先ずはその洗脳から開放し、あなた自身に合った自己啓発の方法を一緒に見つけ、自身が持っている「力」を見出すことから始めております。

ここで重要なことは、「楽しい」「嬉しい」「ワクワクする」などの良い感情で自己啓発をしていくことが重要で、楽しい環境、雰囲気の中で自己啓発を行うことができますから、当然「楽しい人生」になっていくのではないでしょうか。