ブレインカウンセリングはあなたの「脳の状態を数値化し、脳の状態を読み解くことで様々な事が明確に分かります。

 

S-BRAINは脳科学に元づき開発されていますので、経験をベースにしたアドバイス、心理テスト、占いや鑑定とは異なり「科学的」です。正確に個性を診断することができますので他に類がありません。

 

S-BRAINとは、正式名称『篠浦脳活用度診断』の事で、覚醒下脳手術という特殊な脳外科手術の世界的権威である、都立駒込病院 脳神経外科部長 篠浦伸禎先生が開発した個性診断テストです。

 

 

篠浦伸禎

 

都立駒込病院脳神経外科部長 篠浦塾 塾長 1958年生まれ。東京大学医学部卒業後、富士脳障害研究所、東京大学医学部附属病院、茨城県立中央病院、都立荏原病院、国立国際医療センターにて脳神経外科部長として勤務。1992年、東京大学医学部の医学博士を取得。同年、シンシナティ大学分子生物学部に留学。帰国後、国立国際医療センターなどで脳神経外科医として勤務。2000年より都立駒込病院脳神経外科医長として活躍し、2009年より同病院脳神経外科部長。脳の覚醒下手術ではトップクラスの実績を誇る。主な著書に、「脳は「論語」が好きだった」(致知出版社)「脳にいい5つの習慣」(マキノ出版)「人に向かわず天に向かえ」(小学館)「驚異の「ホルミシス」力」(太陽出版)「相性は脳で決まる」(エイチエス)「逆境をプラスに変える吉田松陰の究極脳」(かざひの文庫)「脳腫瘍機能温存のための治療と手術」(主婦の友社)「人生の主役になる脳の使い方」(エイチエス)他がある。

 


S-BRAINは、ウェブで160問の設問に答えることで、次の項目を数値化します。

 

.あなたの脳活用度

   あなたは脳をどんな風に使っているか21パターンに分類します。

 

.右脳と左脳の使用傾向

   あなたが右脳をどれくらい使っていて左脳をどれくらい使っているのかの割合が分かります。

 

.脳の4点使用傾向

   脳を機能別に四分割した際のそれぞれの部位をどれくらい使っているのかの割合が分かります。

 

.脳活用度数

   最適な脳の活用状態を100とした場合の、現在のあなたの脳の活用度数が分かります。

 

.受動脳と能動脳

   どれくらい情報や刺激を受け入れられるか、また、それをどれくらい活用できているかが分かります。

 

.動物脳活性度と動物脳コントロール力

   感情のコントロールやストレス耐性が分かります。

 

これらの数値から、あなたの脳から見た個性やパターンの傾向性。どの様にしたら脳の強みをのばし、脳の弱みを克服できるのか。周りからの印象やNGパタ-ン、ストレスへの対応策、他者との相性などが分かってきます。

 



脳には、約120種類もの役割の違う部位が集まっています。

 

これら全ての脳を隅々まで使いこなしている人はほとんどいませんしどんな人でも脳の使い方はかたよっています。

 

それを「個性」と呼びます。

 

そのかたよりの中に、あなたの「長所となる強み」の部分や「伸びしろとなる弱み」の部分があります。

 

自分の脳の長所や短所を知ることで、もっと上手に自分の脳を使いこなすことができるようになります。

 

「こうすれば脳が上手く働く」という強みを活かすポイント・方法、「この状況はこう乗り切る」という弱みを回避するポイント・方法が分かれば、目標を達成したり、今まで上手くいかなかったことに対してもスムーズに脳が働くようになります。

 

幸福や成功への秘訣は、自分の脳を知ることが第1歩なのかもしれないですね。

 


ご希望の方は、以下①or②よりお選び下さいね。

 

S-BRAIN(診断)のみの方はこちら

   カウンセリングが必要ない方向けで、脳診断S-BRAINのみのご希望の方になります。

 

S-BRAIN(診断) + カウンセリングの方はこちら

  専門的な解説からカウンセリングまでをご希望の方になります。